格安SIM1年間使ってみた結果!

1年間DMMが発行している格安SIM(通話機能付)を使ってみたので使い勝手や感想などを書いてみます。

使用SIMフリースマートフォン

フリーテル製 雅

今ではだいぶ安くなっていますが私が使う範囲に関しては性能的に問題ないものでした。

契約DMM SIM 

通話SIM ライトプラン

通話機能付きプランの中でも一番利用料が安いものを契約

DMMへリンク→DMMモバイル

通話

通話(携帯電話回線)

こちらはドコモの回線を使用しているため問題ありません。

通話(LINE)

混雑している時以外は通話可能です、むしろ音声品つに関しては

携帯電話回線より品質は上に感じました。

IP電話(FUSION IP-Phone SMART)

こちらも混雑時以外は問題なく通話できます。

※混雑時間:朝、昼、夕など

データ通信

通信速度:200kbps

※3日間連続通信366M超えた場合さらに遅くなる場合あり。

通信速度は遅くとも、通信料金を気にせず使いたいのでこの選択です。

私の場合は大容量のデータを扱うときはwi-fi環境で行うため全く問題ありません。

体感

  • 1ページ3~5秒ほどで表示が完了
  • 重いスクリプトは少し時間がかかる

youtubeの視聴

混雑する時間帯以外はあまりストレスを感じることなく視聴可能

もちろん画質は最低になりますが視聴自体は問題なく可能でした。
※完全にノンストップというわけではありません

体感

  • 初めの読み込みに少し時間がかかる
  • 安定すれば画質はともかくノンストップ再生可

料金

通話SIM ライトプラン

月額基本料金1140円

税込み1231円

請求料金表を乗せておきます。

(通話SIM ライトプラン)
月額基本料1,140円
消費税91円
1,231円
ユニバーサル料3円
通話料0円
通話料
SMS送信料(国際)
0円
SMS送信料0円
消費税0円
3円

ここまで極端に使わないのはびっくりするかもしれませんがLINEで通話できるので携帯電話回線での通話はほとんどしません。(全くしないと言ってもいいかもしれません)

現状携帯電話回線の通話は回線混雑でLINEが使えない時のバックアップ策です。

まとめ

私の場合は非常に格安SIMはちょうどいい料金設定と通信速度でマッチ!

通話自体は割高なプランですが通話をするのがほぼLINEなのでその点もクリア!

 

格安SIMを1年使ってみるとマッチするかしないかが見えてくると思います。

格安SIMが不安な方は2台持ちでも料金が安いのでまずは試してみることをオススメします

DMMへリンク→DMMモバイル

コメント