これは便利!OBS Studioで入力音声を個別に指定変更できるプラグイン「win-capture-audio」

PC

OBS Studio入力されるオーディオ、例えばゲームやブラウザ、システム音声などは通常であればまとめて入力されるため放送や録画中などに他の音が入ってしまうなんてことがよくあります。そこで音声入力を個別に指定できるプラグイン「win-capture-audio」インストールして軽く使ってみました。

スポンサーリンク

プラグインのダウンロード

まずはこちらの公式プラグインページへ移動

右上にある「Go to download」を選択

GitHubに移動するので下部にある「win-capture-audio-2.1.0-beta-setup.exe」を選択してダウンロード

ダウンロードした「win-capture-audio-2.1.0-beta-setup.exe」を実行

同意(I accept the agreement)を選択してNEXT

特にインストール先に変更がなければNEXT

OBSに使用するプラグインなのでOBSが入っていると確認が出るので「はい」を選択

インストール名を指定・・・特に変更がなければ「NEXT」を選択

installする場合はinstall・・・使うんだからinstall!

インストールが終わったらfinish

スポンサーリンク

OBSの設定

OSBを起動してソース下にある+を選択

表示された一番上にある「Application Audio Output Capture」を選択

新規作成でこの後どのソフトの音声を入力するか設定するのでわかりやすい名前を付けてOKを選択

入力させたいソフトをウィンドウのプルダウンメニューから選びOK(ファクトリオを起動していたのでちょうどよく)

こんな感じにファクトリオとブラウザの音声出力が別々で調整可能になります。

映像ソースは別で追加する必要があるので応じた映像ソースを追加してください。

まとめ?

生配信しながら自分は音楽を聴くなんてことを外部のミキサーを使用しなくてできるのでかなり便利になると思います。

もちろんミキサーを使ったほうがやれることは多くなりますが面倒な設定などせず純粋に個別調整ができるだけでも有。

コメント