【マウス】LOGICOOL ゲーミングマウス G600をG HUBに認識させず旧 LGS(Logicool ゲームソフトウェア)に認識させる方法!(G17~G20ボタンの設定が可能に)

PC

多ボタンでゲームなどに最適なゲーミングマウスG600使用時にG HUBを入れると旧設定ソフトソフトのLGS(Logicool ゲームソフトウェア)ではできていたG17~G20ボタンの設定ができなくなってしまいます。

そこでG HUBとLGS両方を起動した状態でG600をG HUBからではなくLGSから設定をできるようにする方法です。

LGSのみの状態でG600を認識している場合デバイスマネージャから削除をするとLGSを再インストールしないと認識できなくなってしまうので注意!!

スポンサーリンク

用意するもの

  • LGS(Logicool® ゲームソフトウェア)
  • Logitech G HUB

ダウンロードページ下部のすべてのダウンロードからLGSはダウンロードできます

方法!

プロファイルが消えるかもしれないのでエクスポートしてから行う

方法1(これでできれば簡単)

  1. LGSとG HUB両方を入れた状態にする
  2. G HUB側の設定にあるArxコントロールの「新しいデバイスのペアリングを許可する」のチェックを外す
  3. デバイスマネージャを開く
  4. G600デバイスのアンインストール(このデバイスのドライバーソフトウエアを削除します。のチェックを入れておく)
  5. デバイスの更新スキャンをする
スポンサーリンク

方法2(これが確実)

できれば念のため初めに両方をアンインストールしたほうがいいのでLGSとG HUBをアンインストール

  1. LGSとG HUBの両方をアンインストール
  2. LGSを入れる
  3. G600を接続
  4. G HUBをれるG HUBを入れるとG HUBに認識を持っていかれるますがここで
  5. G HUB側の設定にあるArxコントロールの「新しいデバイスのペアリングを許可する」のチェックを外す
  6. デバイスマネージャを開く
  7. G600のデバイスのアンインストール(このデバイスのドライバーソフトウエアを削除します。のチェックを入れておく)
  8. デバイスの更新スキャンをする

これでG HUBには認識されずLGSに認識されるようになり別々で設定できるようになります
(正確にはG HUB側は認識しているが接続している状態になります)

ブルースクリーンになってしまう場合はコメントでいただいたセーフモードでG600をアンインストールする方法を試してみてください。

スポンサーリンク

G HUB側の設定にあるArxコントロールの「新しいデバイスのペアリングを許可する」のチェックは認識後は入れておいて大丈夫だと思いますが、認識がG HUB側になってしまった場合はチェックを入れて場合は再度デバイスマネージャから削除後デバイスの更新スキャンで元に戻ると思います。

以上設定方法でした・・・

というのもジャンク品で入手したのはいい物の設定方法がわからず試行錯誤した結果の方法です。

ジャンクマウスの紹介はまた今度!

G600の新品はAmazonなどで手に入ります。

Logicool G ロジクール G ゲーミングマウス 有線 G600t MMO ゲーム用 20ボタン LIGHTSYNC RGB 国内正規品
Logicool G ロジクール G ゲーミングマウス 有線 G600t MMO ゲーム用 20ボタン LIGHTSYNC RGB 国内正規品が家電&カメラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

G600はMMOや編集作業など複数のボタンを使用するのに便利なマウスなので設定できるようになれば便利ですね!

コメント

  1. 匿名希望 より:

    マジ助かりました、感謝です。

  2. ammusan より:

    何万、何億回でも感謝を伝えたい!。本当にありがとうございます。
    先日ずっと使っていたG430が故障し、新しくG933sに変えたのですがG600のマウスのキー割り当ての変更ができず困ってたので本当に助かります。

  3. Naoya より:

    今年3月頃にGHUBを導入して検索しまくりましたが解決策なく困ってましたが、この記事のおかげで設定できました! ありがとうございます!! お手間かと思いますのでご返信は大丈夫です!

  4. 通りすがり より:

    G600とG502wlをLGSとGHUBで両立させたい為にこちらのブログに辿り着けました。ありがとうございます。
    私の環境ではG600のデバイスのアンインストール時に他のプログラムと競合しているのかブルーするクリーンが起きてしまう状態だったのですが、セーフモードにてG600をアンインストール、セーフモードを解除してG600のドライバーを更新を行う事で無事共存させる事が出来ました。