手元にようやくUMIDIGI A5 Proが来たので開封!

スマホ

6月に下旬にアリエクスプレスで購入したUMIDIGI製格安スマートフォンA5 Proがようやく到着したので開封紹介

紹介と言っても注文から発送されて待っている間に日本のAmazonで購入可能になっていたので気になっていた方はすでに手にしている方も多いはず!

海外から購入するとこんな感じで届くのか、な感覚で見てみてください。

開封

中国から輸入するときにはもうおなじみ、外側が白で中が黒色の袋に入っています。

箱の周りに5mmほどのクッションがまかれた状態で直接IN!

とはいえ中国からの通販ではクッションすらなしで送られてくることが多いので無問題!w

チャイナポスト経由の場合この方法だと結構つぶれてくることが多いのですが今回はシンガポールポスト経由だったので角が少し潰れている程度で届きました。

箱はスライドしてさらに持ち上げるUMIDIGIが以前から使用しているものと同じ箱に入っています。

箱の中には

  • サンキューカード
  • simピン付き取扱説明書
  • 本体(ケース付き)
  • ケーブル
  • 充電器

が入っています。

本体と付属品

本体

画面には初めから画面保護フィルムが1枚貼られています。

が・・・指紋がつきすぎるのとすべりが悪いのでこれは要交換!

本体重量はわりと重めな重量約204gで付属ケースをつけると222gになるのでケースが結構重め。

本体の重さをiPhone 8 Plusと比較するとiPhone 8 Plusが202gなので今はこのくらいが普通なのかもしれません。

1枚目の輸送用保護シートを外した状態で反射しているスタンドライトの映り込みにゆがみ等無くきれい!

ボタンや端子類

  • 右側面:音量+、音量-、電源
  • 左側面:simカードスロット
  • 下部側面:イヤホンジャック、マイク、micro-B、スピーカー
  • 背面:カメラ、指紋センサー

simスロット

simスロットはピンを差し込んで引き出すタイプで左からマイクロSDカード、sim2、sim1となっています。

本体ふちはアルミですがsimトレイはプラスチック製のようです。

そしてこのsimスロットはピンの短いものだと出てこないので注意が必要!

電源を入れるとロゴのみが表示されるシンプルな起動画面

入っているアプリもシンプルで少な目!

指紋センサー

指紋はセンサーに触った瞬間ロック解除というわけではありませんが1秒かかることなく解除ができるのでストレス等は感じません!

顔認証

暗い場所での認証は失敗しますが明るいところでは約1秒ほどでロックが解除できます。

暗い場所での認証は赤外線ライト等を搭載していないので当然ではありますが・・・

スピーカー

音楽を聴く用途では向いていないようです。

着信音専用と考えておいたほうがいいかもしれません。

カメラ

期待していたカメラ性能はあまりよくありません・・・

というのもどうやら標準搭載しているカメラアプリがダメなようでOpen Cameraなどのカメラアプリを使うときれいに撮影ができます。

Open Cameraを使うときれいに撮影はできるのですがメインカメラとインカメラ以外が使えないのがネックなポイント!
(使う方法や設定があるかもしれませんが・・・。)

左は標準カメラアプリで撮影した画像でボケてる感がありますが右のOpen Cameraアプリで撮影したものはくっきりした感じになっています。

これ以外にもピントの調整スピードなどもOpen Cameraにすると完全とは言えませんが結構改善します。

と本体はまだ技適が通っていないのでここまでです・・・。

ケース

A5 Proには初めからやわらかいTPUケースに入って箱に入っていますとりあえずは買わなくていいのでこれはありがたい!※外観は・・・。

AC-アダプタとUSBケーブル

アリエクスプレスの商品説明には左の画像のものでしたが届いたものはしっかりと日本仕様のアダプタになっていました!

出力は5V2A

micro USBケーブルの長さ約85cm

コメント