健康にいいとされていた「ビワの種」には有毒成分に変化する物質が!!

健康にいいとされているビワの種しかしこのビワの種には有毒物質に変化する成分が含まれていると農林水産省が注意を促しました。

ビワの種は粉末状にしたりするなど健康食品に加工されているものやビワの種のレシピが多く公開されています。

種に含まれる「アミグダリン」が、がんに効くとされているところもあるようですがこのアミグダリンが有毒物質に変化する物質であり、アミグダリン自体に毒素はないがエルムシンと呼ばれる酵素により加水分解され生成された「マンデロニトリル」という物質ががさらに分解されることで「シアン化水素」が発生する

シアン化水素=青酸、だと思って間違いはない、青酸と言えばだれもが知っている猛毒。

 

ビワ酒に関しては長期間保存することで無害になる(飲めるようにする知恵はすごいですね)

コメント